スーパーフィート ブルー All-Purpose Support Medium Arch 解説

SUPERFEET
9 0
Read Time:1 Minute, 5 Second

アメリカ生まれ、足病医学に基づいた偏平足に向いたインソールであるスーパーフィート。
今回はそのスーパーフィート製品の中でも最も標準的な一枚、ブルーを解説していきます。

特に回内足、足や腰の疲れや痛みがきつい方には価値あるインソールなので、どのように効くのか理論も併せて解説していきます。

備考
製品名がAll-Purpose Support Medium Archへ変更となりました。
商品は変わりありません。

適する方…標準的なアーチタイプの方

基本的にどなたでも使用できるタイプのインソールで、大きな疾患等のない全年齢の男女であれば問題なく使用できます。

ただし、ミッドアーチ設計であるため、酷い偏平足の方、土踏まずが全くない方には不向きです。
また、強いて特に向いた人を挙げるなら、関節に直接的な痛みのない人の方が向いています

適する悩み…足底腱膜炎やリスフラン関節炎

主に載距突起と呼ばれるかかとの内側前を支える設計のため、内側に倒れていきやすい回内足や、それに付随して発生する足底腱膜炎、巻き爪といった問題の解消、予防、悪化防止に効果を発揮するインソールです。

但し、あまりに酷い扁平足の場合はローアーチタイプの方が適します。
以下、このインソールが解決できる可能性が高い症例です。

  • 足底腱膜炎
  • 外反母趾
  • 巻き爪
  • 有痛性外脛骨
  • リスフラン関節炎
  • 腰痛
  • 足部の疲労感

対応する靴…比較的多くの靴に合致する仕様

スーパーフィートシリーズの中では中厚にあたるため、普段履きは勿論、内容積の少なめなスポーツシューズにもある程度対応できる仕様となっています。
具体的にはスニーカーやランニングシューズは勿論、スパイクシューズにも一部対応可能です。
ただし、硬さのあるインソールであるため、関節に痛みがある場合は靴側にクッション性のあるものが好ましいです。

使う用途…スポーツ時、普段時どちらも可

毎日使用する事が可能なインソールで、硬い樹脂によるサポートパーツで長く足元を支え続けられる一枚です。
公式サイトでも12ヶ月間の使用or使用距離約800kmまでサポートできる機能性と謳われており、実際これだけ強固だとかなり長持ちしやすいインソールです。

普段履くシューズや、スポーツ用のシューズにも検討したい、汎用性の高い一枚となっています。

合わないケース…過度な扁平足、凹足、関節への負荷を避けたい方

硬い樹脂によるサポートが特徴であるため、インソール自体に柔らかさ、クッション性はあまりありません

膝や腰といった関節面に直接衝撃が加わると辛い方は、シューズ側にクッション性が必要になります。
但し、かかとの脂肪層を活かす、足本来のクッション性を引き出す機構は備わっています。

また、今回のブルーに関しては過度な扁平、凹足には対応していません。他シリーズを検討する必要があります。

スーパーフィート ブルーの理論

スーパーフィートシリーズ全般に言えることですが、ブルータイプも同様で載距突起を支持する事で足の歪みを正し、痛みや疲れを軽減する理論です。
スーパーフィートシリーズは製品によっては立方骨方面もある程度支持する機構になっていますが、このブルーに関してはあまり強くは支持されてはいません。
全く支持していない訳ではないですが、主に内側をサポートするインソールだと考えた方が良い機構となっています。

この載距突起と呼ばれる部分は踵骨、かかとの骨と距骨の関節面にあり、脛骨(すねの骨)からの体重を支える場所になります。
体重を支える部位であり、このかかとが内側に倒れることによって地面からの衝撃を逃がす役割(クッション)があるのですが、内側に倒れすぎている場合には問題が多く発生します。

内側に大きく倒れすぎている場合は内側縦アーチの低下に直結、外アーチや横アーチの低下にもつながるので、前述した悩みが発生しやすくなります。

そのため、スーパーフィート ブルーではかかとのぐらつきをヒールカップにて安定させ、内側縦アーチに繋がるように載距突起を主に支えることで、特にかかとの内側への倒れを抑える仕様となっています。
中厚、ミッドアーチサポートタイプであるため、適度なヒールカップの深さが保たれており、かかとからしっかりと支えることがしやすいインソールとなっています。

また、内側土踏まずはミッドアーチ設計になっていますが、基本的に大きく内側に倒れすぎている、全く土踏まずが無いような方でなければ問題ない程度の高さとなっています。

他には、スーパーフィートシリーズの特徴でもある深いかかと、そのかかとにはまるい窪みを作ることで、かかと本来の脂肪層がかかとの下に収まるようにしています。
このかかとの脂肪層は年齢を重ねるごとに潰れ、広がっていくのですが、スーパーフィートでは本来あるべき場所に収まるように丸く仕上げることでかかと本来のクッション性を再現させます。

また、かかと底面側は比較的フラット、かつ突起が設計されているので、中底の柔らかい靴だとより収まりよく、安定するような設計になっています。

また、かかと回りを硬い樹脂素材でサポートする設計ですが、足の裏のアーチのようにインソール下には空間が設けられています。
この空間があることでたわみが生まれ、自然な足本来のクッションに近い動きを生み出します。

足自体は硬さと柔らかさ、両方を兼ね備えている構造体なので、このような安定性とフレキシブルさを兼ね備えた仕様となっています。

最後に表面材については抗菌仕様となっており、臭いにくい仕様となっています。
素材的には前後方向へは滑りにくく仕上げており、激しい運動でなければ問題のない設計となっています。
また、つま先縁を滑らかに仕上げることで、シューズとのフィット性も高まりやすいのが特徴です。

スーパーフィート ブルーの選び方

基本的には靴、シューズのサイズより少し小さ目に合わせて購入して頂ければ大丈夫です。
細かい事を言うのであれば、

  • かかとが綺麗に収まっているか
  • 土踏まずに過度に当たっていないか
  • 足の曲がる場所(MTP関節)にプレートが重なっていないか
  • シューズ内で少し動く余裕があるか

といった項目が大事になります。

ただし、スーパーフィートインソールの対象製品には60日間快適保障がついているものもあるため、気軽に試すことが可能なインソールとなっています。

実際に使用してみた感想

筆者も実際にスーパーフィート ブルーを使用してみました。
筆者自身がミッドアーチであるので、内側の土踏まずに接触しすぎることなく、快適に着用する事がまず可能でした。

その上で、載距突起部へのサポートも十分にあり、内側へ大きくかかとが倒れるような感触は少なかったように思います。

一方でカーボンモデル程ではないものの、やはり硬質な樹脂によるサポートは、履き心地、歩き心地がやや硬くなります
柔らかくふわっとした履き心地にはなりませんが、ぐらつかず安定感の高い、しっかりと支えられている感触が感じられます。

歩行時にも疲れにくく感じられますので、個人的にはお気に入りの一枚の一つです。

まとめ

回内足に効果的なスーパーフィート ブルーについての解説は以上となります。
比較的様々な方、様々なシューズに対応しやすいインソールで、主に足底腱膜炎、外反母趾、足底腱膜炎で悩まれている方におススメなインソール

耐久性もかなり高い部類のインソールになりますので、快適保障を上手く利用して一度試してみてはいかがでしょうか。

※下記インソールの基礎編も良ければご確認ください
https://insole.xyz/insolebasic/foot-arch/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽/送料無料、レビュー470件越え!実績No.1】SUPERfeet スー…
価格:6600円(税込、送料無料) (2023/1/5時点)

楽天で購入

akaishi ashimaru ashisupli BA2NE bauerfeind BIRKENSTOCK BMZ BTR foot FUSIONFLEXI gzero insole kickswrap mizuno NABOSO newbalance realine sidas SOFSOLE sorbo SPENCO SPICA superfeet TENTIAL workman zamst

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
100 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%
タイトルとURLをコピーしました